本コンテンツは当メディアが独自の基準に基づき制作していますが、一部提携先から送客手数料を受領しています。

失敗しない歯科矯正の選び方

失敗しない矯正歯科の選び方!プロの歯科医師が歯医者選びのポイントを解説

あなたは歯医者選びのポイントを知っていますか?

歯並びの矯正では、歯医者選びが最も大切です。
希望通りの治療が受けられるかどうかは、「どんな矯正歯科に行くか」で100%決まると言っても過言ではありません。

 

そこでこの記事では、プロの歯科医師監修の元、失敗しない矯正歯科の選び方を解説します!
歯の矯正をしたいと思っている方は絶対に読んでみてください!

この記事の監修歯科医師

監修医 : 
歯科医師

歯科医師
見立 英史 (Mitate Eiji)

【プロフィール】
金沢医科大学医学部
顎口腔外科講師
九州大学歯学部卒業
日本口腔外科学会指導医・専門医
日本口腔科学会指導医・認定医
産業歯科医師

矯正歯科を選ぶときのポイント

一番大事なのは「相談しやすさ」

歯医者選びで絶対外してはいけないポイントは「相談しやすさ」です。
正直これさえ抑えておけば、他はあまり気にしなくても大丈夫なほど。

 

なぜ「相談しやすさ」が一番大事なのか、その理由を簡単に説明します。

あなたは歯医者に対して「怖い」「話しかけづらい」と思ったことはありませんか?
気になることがあるのに、伝えられなかった経験はありませんか?

ただの虫歯治療なら、それでも大丈夫だったかもしれません。

ですが歯科矯正は、長い時間をかけて行うとても高度な治療です。
満足のいく治療にするためには、歯科医師との細かいコミュニケーションが欠かせません。

 

実際にカウンセリングを受けてみて、「この人なら気軽に相談できそう」と感じた歯医者さんを選びましょう。

ではどのようにして相談しやすい歯医者さんを探せば良いのでしょうか?
おすすめは「やさしい歯医者さん」に認定されている歯科医院に行くことです。

やさしい歯医者さんとは

厳しい審査基準をクリアした場合のみ付けることができる、「不安なことを気軽に相談できる歯科医院」であることを保証する認定マークです。

やさしい歯医者さんの認定院の特徴は、丁寧な説明やコミュニケーションが徹底されていることです。
そのため、気になることや不安なことを気軽に相談でき、安心して通うことができます!

やさしい歯医者さんの詳細を見る>

その他のポイント4つ

1種類ではなく、複数の矯正装置がある歯科医院を選びましょう。
なぜなら、同じ歯並びでも矯正装置によって治療費用や期間が異なるからです。
複数の矯正装置を扱っていれば、あなたの希望にあった方法を選択できます。

また、矯正装置にはそれぞれ向き不向きがあります。
そのため、1つの装置しか扱っていない所だと、適切な治療ができない可能性があります。

予約が取りにくい=人気な歯科医院というイメージがありますが、矯正をするうえでは注意が必要です。
なぜなら矯正治療では、装置の一部が外れてしまう等のトラブルが起こりやすく、そんなときにすぐ対応してもらえることが重要だからです。

また、忙しい医院では患者さん1人あたりの治療時間が短く、丁寧な対応をしてもらえないことも多いです。
ネットで予約の空き状況を確認し、あまりにも予約が取れない所は避けましょう。

矯正治療では、装置の費用の他に追加費用が発生することが多いです。
例えば、毎回の通院時に調整料や再診料として数千円かかったりします。

そのため、最初にそれらを含めた明確な費用を教えてくれない所だと、治療が進むにつれて想定よりも費用が高くなってしまうことがあります。
治療が始まる前に具体的な費用をきちんと説明してくれるところを選びましょう。

矯正中は何回も通院する必要があり、治療期間も約1〜3年かかります。
そのため通いにくいところだと途中で治療を続けるのが大変になってしまいます。

「近いから」という理由だけで歯医者を選ぶのは危険ですが、ある程度は通いやすい所を選ぶようにしましょう。

歯医者選びのポイントまとめ

失敗しない歯医者選びのポイントを以下にまとめました

 

相談しやすい歯医者を探したい方はコチラ↓

おすすめの矯正歯科一覧